ウェブマガジン・のたる

サドベリースクール=いわゆる先生が教える授業は行われておらず、その場所で自由に好きなことをして過ごしている。 鳥取県智頭町にある新田サドベリースクールを描いたドキュメンタリー


ダム建設に反対している人たちの話から浮かんだのは、普通に暮らしていた人たちが生活を壊されていくので反対してきたのだということだった=金子サトシ監督


マンションの下の電線にいたチョウゲンボウの朝食はアブラゼミ。近くで営巣しているもよう。


キジの声に叩き起こされて、山の方角が黄金色に染まるのを見てカメラを構えた。埼玉からも筑波山が良く見える


あまり知られていない、日系ブラジル移民の強制退去。松林陽樹監督は、サントス沖縄県人会の人たちから証言を得て描き出している


2021年ゴールデンウィークの
頃に起きた映画館に対する上映中止要求と中止となった件についての記者会見とキム・ミレ監督コメント


雲間から一瞬顔を見せた真っ赤な太陽。ロマンチックではあるがこれから起こる災害の前兆でもあるか?


すでに労災が認められている職業性膀胱がん患者を多数出した会社に対して損害賠償請求をしていた裁判で、福井地裁は会社の安全配慮義務違反を認めつ判決を出した。


チェコ発の実験的映画「SNS-少女たちの10日間-」の紹介。スタジオに作られた子ども部屋からSNSで友だちを募集すると・・・。


先日見つけた隣の畑にいたキジがまた来たので、下に降りて表情を撮影。ネイチャーカメラマン・松岡純一さん


早朝からケンッケンッの声に目が覚め、声の主を探すと、隣の畑にキジが。ネイチャーカメラマン・松岡純一さん撮影


当初予定していたオペラ公演がコロナ感染症の関係で本番2カ月前に延期に。その後も厳しい対応を余儀なくされながらも公演が実現した。


さいたま市東側を流れる見沼代用水西縁沿の桜並木は、下を歩ける距離が日本一。のたるの記事も4回めとなった。毎年違うエリアを歩いている


メディアにおける「オトコ」目線について、受け手と送り手それぞれの側から考えるシンポジウムのまとめ。継続して行う予定


テレビ岩手が10年間撮り続けた映像を紡いだ映画。パリ市の紋章にラテン語で書かれた「揺れはするが沈まない」から取ったタイトル「たゆたえども沈まず」


病院=薬漬けか在宅=痛くない治療か?先輩医師の在宅診療を観て考えを変えた医師の話。


白衣を着ていない、町を全力で走り回る、よくしゃべる町医者=長尾和弘さんを描いたドキュメンタリー映画「けったいな町医者」の紹介