ウェブマガジン・のたる

先日見つけた隣の畑にいたキジがまた来たので、下に降りて表情を撮影。ネイチャーカメラマン・松岡純一さん


早朝からケンッケンッの声に目が覚め、声の主を探すと、隣の畑にキジが。ネイチャーカメラマン・松岡純一さん撮影


当初予定していたオペラ公演がコロナ感染症の関係で本番2カ月前に延期に。その後も厳しい対応を余儀なくされながらも公演が実現した。


さいたま市東側を流れる見沼代用水西縁沿の桜並木は、下を歩ける距離が日本一。のたるの記事も4回めとなった。毎年違うエリアを歩いている


メディアにおける「オトコ」目線について、受け手と送り手それぞれの側から考えるシンポジウムのまとめ。継続して行う予定


テレビ岩手が10年間撮り続けた映像を紡いだ映画。パリ市の紋章にラテン語で書かれた「揺れはするが沈まない」から取ったタイトル「たゆたえども沈まず」


病院=薬漬けか在宅=痛くない治療か?先輩医師の在宅診療を観て考えを変えた医師の話。


白衣を着ていない、町を全力で走り回る、よくしゃべる町医者=長尾和弘さんを描いたドキュメンタリー映画「けったいな町医者」の紹介


化学物質ばく露が原因と見られる膀胱がんを発症した40歳代の男性。労災不支給決定を受けて不服審査・再審査請求をするも棄却され、現在裁判で係争中。裁判に関わる資料を求めて。先日行われた厚労省レクチャーを取材した。


コロナ感染症の影響で仕事を失った人、収入減で苦しむ人たちが安心して年越しできるようにと行われた相談会のようすのレポート


2019年に香港で劇化した民主化闘争を間近で撮影したドキュメンタリー映画「香港画」。28分間二激しさと淡淡とした語りが静かに流れる。


アメリカが行った水爆実験で被ばくしたマグロ釣り漁船員や放射線が広範囲に降り注いだことを追い続ける伊東英朗監督が、新作をアメリカで上映するプロジェクトを立ち上げた。


東日本大震災で大きな被害を受けた陸前高田で災害FMラジオのパーソナリティをしていた阿部裕美さんを追ったドキュ面tリー映画「空に聞く」を紹介


衆議院議員会館に、チェ・ゲバラの顔がプリントされたTシャツを着て入館しようとした人が止められた。なぜなのかが、未だに説明されていない。人権にかかわる問題と追及している。


生まれた時から基地があった世代の人たちが、どう考えているのか。世代間に差があるのか?都鳥伸也監督「私たちが生まれた島」についてメールでインタビュー


通常は寝具の縫製・製造・加工を行っている会社がマスクづくりに取り組んでいる。老舗寝装具製造の技術やこだわりなどを活かしたマスクについて聴いた


「沖縄の歴史を学び、今を知る」イベント情報。琉球王国が日本に組み込まれ、戦争で唯一の上陸戦地となり、今も米軍基地に占領されている。昨年は、首里城が焼失した沖縄