ウェブマガジン・のたる

アメリカが行ったビキニ環礁周辺での核実験で被災した元船員の社会保険給付再審査申請が棄却された。支援団体は、抗議声明を発表


ビキニ被災者社会保険審査会公開審理後記者会見

1954年に始まったビキニ環礁周辺で行われたアメリカによる核実験では、約1000隻の漁船が漁をしていた。当時の船員たちはが補償を求めて裁判と労災申請をしている。


3月7日、ライドシェアを認めないように求めるタクシーデモ(車両請願)が経済産業省前で行われた、


参議院で「働き方改革」関連法案が可決・成立した2018年6月29日、過労死を考える家族の会主催の記者会見が開かれた。会場は参議院議員会館。


参議院厚生労働委員会で審議中の「働き方改革」一括法案の中でも、反対の声が強まる「高度プロフェッショナル制度」に反対の声を上げるデモが行われた。仕事帰りのというタイトル通りに仕事帰りの人たちが三々五々集まってデモがスタートした。


2018年6月3日に行われた「6・3オール埼玉総行動」@北浦和公園(さいたま市)のフォトニュース。「立憲主義を取り戻す!戦争させない!9条こわすな!」を掲げた同集会には1万3500人(推定1万5000人)が集まった。住まいの地域の人と共に参加しながらの取材


「働き方改革」関連一括法案が衆議院厚生労働委員会で強行採決された。政府・与党は5月中にも衆議院本会議通過を目指しているとの情報があるが、労働者・過労死家族の会・弁護士団体などは、「高度プロフェッショナル制度」などの廃案を求める行動・アピールを続けている。


全労連とアメリカSEIUが共同で行った、最賃・ディーセントワーク4.15グローバル・アクション@埼玉のフォトニュース。大宮駅前でアピール・リレートークのあとサウンドデモを行った。


「働き方改革」法案から裁量労働制の拡大が削除された直後の3月5日、厚生労働省前緊急行動が行われた。呼びかけたのは、日本労働弁護団


総選挙2017の埼玉1区市民と立憲野党でつくる大演説会。雨の中。プラカードやポスターを掲げた市民たちが集まった。この間、オール埼玉・野党共闘が続けられた埼玉での行動。


新国立競技場労働者の過労自殺を受けて、1人親方などの土建労働者の組合=東京土建が「なくせ!異常な長時間労働・過労自殺 街頭宣伝@新宿西口」を行った。


連合会長が、「残業代ゼロ」法案とも言われる「高度プロフェッショナル制度」を容認する意向を示したことに対する抗議行動が、7月19日。連合会館前で行われた。


  衆議院を通過した、「共謀罪」の廃案を求める人たちが、6月10日に国会周辺に集まりました。参加社は […]


2017年の家ツバメ情報。以前、営巣していた場所だが、今年は休憩に来ているだけのようだ。


2017年5月16日に日比谷野外音楽堂で開かれた、「共謀罪廃案・9条壊すな!」大集会の前半部分の取材報告。


「共謀罪」の衆議院通過をさせてたいとする日程が示され、その周辺の国会連続行動が行われている。5月12日は、国会議員会館前で昼夜の行動が始まった。


3.11で津波に襲われた地域に、台風10号が上陸した。その大きな被害を受けた岩泉町を訪ねた。


2015年9月に成立した安保関連法によって、苦痛を与えられたとして国を相手に賠償請求を起こしている「所謂「安保法制違憲訴訟」の口頭弁論が始まっている。さいたま地裁の第1回は10月26日。