ウェブマガジン・のたる
笑顔が出る眼鏡・日本製に拘るテラスメガネ(さいたま市)

 

テラスメガネ

 

「当店のコンセプトは、笑顔の出る眼鏡」(ウェブサイトより)というテラスメガネ(さいたま市中央区)は、丁寧なメガネづくりだけでなく「目のことを良く知ってもらえれば」と、店内でセミナーを開催しています。6月15日に開催された、「知っておこう自分の眼&知らないと損する 眼鏡レンズの愛(eye)セミナー」に参加しました。

 

テラスメガネ店主・門田浩一さん

テラスメガネ店主・門田浩一さん

 

最初に、同店店主の門田浩一さんから、目やメガネに関するさまざまな知識の話がありました。

これからの季節に特に気をつけた方が良い、紫外線は肌に対しては気をつける人が増えているように感じますが、実は目にも影響を与えます。また、左右の視力や瞳孔の位置の違いによって、見え方に違いが出たり、疲労の原因となります。

これらのことは、メガネを作る際のレンズを選ぶ決め手や調整のポイントになるため、知識として知っている必要がある以外にも、目の状態を良く調べてより適切なメガネづくりに活かすという、同店のコンセプトに欠かせない情報です。

 

永井智也さん=東海光学株式会社

永井智也さん=東海光学株式会社

 

次に、日本製レンズのパイオニアとも言える東海光学(本社・岡崎市)の永井智也さんから、最新のメガネレンズの紹介、レンズの特製・製造方法や仕上げなどによる製品の違いなどの話がありました。

日本製へのこだわりも、テラスメガネのコンセプトです。

永井さんによるセミナーでは、レンズのサンプルを実際に使って参加者全員が体感しました。

講師の話中にも参加者から質問が出るなど、気軽に受けられて充実したセミナーでした。セミナー終了後は、さらに質問をしたりフレームを実際にかけてみるなど、店内が和気あいあいとした雰囲気に包まれました。

 

映画「小さいおうち」で吉岡正隆さんが実際に使用したメガネ

映画「小さいおうち」で吉岡秀隆さんが実際に使用したメガネ

 

同店のこだわりが実を結んだ例として、2014年1月に公開された映画「小さいおうち」(山田洋次監督・松竹株式会社)で、吉岡秀隆さんが使用したメガネを提供しています。門田さんに伺ったところ、「映画のスタッフがネットで検索して、当店を見つけられたようです」とのことでした。そのメガネは、店内に展示されています。

 

テラスメガネの門田浩一さんと門田亜希子さん

テラスメガネの門田浩一さんと門田亜希子さん

 

目のことは、知っているようで実はあまり知られていないし、知らない。筆者は目の手術を受けた経験があり、目の大切さが実感できますし、矯正方法やメガネやコンタクトレンズにも興味と関心があります。

同時にファッション性も欠かせないでしょう。使う人の身になって、対応をしてくれるお店選びも重要なポイントでしょう。【文・写真=宮沢さかえ】

 

■ テラスメガネウェブサイト
■ 東海光学株式会社ウェブサイト