ウェブマガジン・のたる
メディア関係者が官邸前で声を上げた
MIC官邸前行動


3月14日、MIC(日本マスコミ文化情報労組会議)が、FIGHT FOR TRUTH 知る権利を守ろう3.14首相官邸前行動を行いました。マスコミ関係者が首相官邸前(国会記者会館前)で行動するのは初めてのこと。



MIC首相官邸前行動




同行動は、首相官邸での内閣記者会見で質問について内容や回数を制限をしたり、内閣官房長官が「事実誤認による質問に答える必要はない」と発言をすることなどに対する抗議です。


MIC首相官邸前行動



MIC首相官邸前行動




訴えていたのは、「FIGHT FOR TRUTH 知る権利を守ろう」「守ろう! 表現の自由 報道の自由 民主主義」と、今回の問題の本質でマスメディア関係者ならではのものでした(写真は当日会場で配布されたプラカード)。


MIC首相官邸前行動



MIC首相官邸前行動



行動には、一般市民も参加し主催者発表で600人でした。国会議員・新聞現場で働く人(メッセージ参加)が次つぎに発言していました。

「記者は『声なき声の代弁者』」という表現がされていましたが、声なき声の代弁ぢゃの声が1番世に出されていなかったのかもしれない。沖縄県民投票では若者たちが、働き方改革に対して医師や医学生が声を上げました。これまで声を上げなかった人たちが上げ、それを広めていく立場の人たち自身も声を上げた。

行動では、他に国境なき記者団など関係者が発言をしました。最後に、東京新聞・望月衣塑子記者が記者会見の現状や問題とたたかう決意を話しました。 筆者は前半部分しか現場にいなかったので、MICのウェブサイトに掲載されている動画をここに掲載します。【写真・文=宮沢さかえ】