ウェブマガジン・のたる
新刊紹介:『追従で国を損なう安保ン丹』八角宗林著
Categories: 未分類



著者:八角宗林
出版社:あけび書房
価格:1200円+税
発行日:2020年2月27日



「一国の総理大臣を「安保ン丹」などとお呼びした無礼を、まず、お詫びします。無礼そのものですから。
ではありますが、凡夫の習い、言わせていただきたい言い訳がございます。このように言わしせしめる安倍首相の不実です。それをご納得いただきたく、川柳を並べましたので、順次、ご鑑賞のほどお願いいたします。(中略)」
筆者は本書まえがき冒頭でこう記します。

そして、安倍政権の悪行・不実の数々を川柳で痛烈に軽妙洒脱に喝破します。約200の川柳ひとつひとつに丁寧な解説を付けました。安倍長期政権の足跡を振り返るのにも便利。

この時期に貴重な1冊です。(あけび書房 代表・久保則之)




〔もくじ〕
まえがき
第1章 前期安倍内閣
第2章 後期安倍内閣
あとがき