ウェブマガジン・のたる
映画紹介:悠久よりの愛―脱ダム新時代
Categories: 文化・アート

第31回「森は海の恋人」植樹祭開幕を祝すイベント 岩手県一関市室根町
「ひこばえの森」広場にて=2019年6月2日

ご縁があって巡り合った映画です。テーマに共感し、金子サトシ監督からメッセージをいただいて紹介します。金子監督はこれまでにカネミ油症事件(食品公害)を描いた「食卓の肖像」を制作 。現在は、難病をテーマにした作品を制作中とのことです。【編集長・宮沢さかえ】

「ダムは人類の未来を阻害するもの」と語る畠山重篤・NPO「森は海の恋人」理事長(宮城県気仙沼の漁師)=「新月ダム計画」を断念させた大川にて



長崎県が建設予定の「石木ダム」に川原地区の13所帯が反対同盟を結成し、強制収用後も故郷を守るために乱開発に抗うスローガン=川棚川支流・石木川流域の棚田

■金子サトシ監督オリジナルメッセージ

この映画「悠久よりの愛-脱ダム新時代」では、ダム反対の運動をされてきた方々のお話をじっくりと聞き、どのような思いから反対してきたのかを聞くことに徹しようと思った。そこから浮かび上がってきたことは、普通に暮らしていた人たちが生活を壊されていくので反対してきたのだということだった。

 近年、全国各地で大きな水害がたびたび起こっていて、ダムが治水の役割を果たせなくなり「緊急放流」することも多くなってきた。この映画で紡いでいったように、ダムと闘う人たちはダムによる治水対策には限界があることを学びながら運動をされてきた。先見の明を感じないではいられない。
 地球温暖化、気候変動が進む今、先人たる彼らの言葉に耳をすまして欲しいと思う。

■上映情報
日時:11月23日(火・休)上映開始14時(開場13時)
会場:立川市女性総合センターアイム1階ホール (JR中央線「立川駅」北口3分)
入場料:1000円
*申込みは、氏名・住所・電話番号・枚数を明記してFAX042?381?7770またはメールh-yazama@oregano.ocn.ne.jp で( 先着98人で締切)
事務局:水の映像フォーラム(TEL:042-381-7770 矢間)

11月11日までアップリンク吉祥寺
11月12日よりアップリンク京都

11月27日より大阪・シアターセブン にてロードショー

「悠久よりの愛」ブログ

監督:金子サトシ/2021年/110分/配給:水のフォーラム