ウェブマガジン・のたる
職業がんをなくすために〔3〕ドキュメンタリーDVDを製作



「職業がん」は、仕事で発がん物質が体内に入ったことが原因で発症したがんです。職場で危険物質を使っていることを知らされていない場合や、受診時に職業(歴)を聞かれることが少ない日本では、自分のがんの原因が仕事にあると気づくとができません。

また、もし仕事が原因である可能性があれば労災になるわけですが、認められるまでに手間取る場合もあります。

患者同士の対談

私が取材をした東京地裁で労災不支給取消し訴訟や、労災と損害賠償請求が認められた人たちが自分のことだけでなく、もう2度と職業がんが発生しないためにも闘っていることを知りました。また、患者が他の患者を支援する会の代表になる姿を見て、多くの人に知ってもらいたいと考え、映像化することにしました。

製作にあたり、、費用の協力から始めようと取り組んでいます。現在撮影はほぼ終了し、編集に入る段階です。みなさまのご協力を、お願いいたします。

【ウェブマガジン・のたる編集長 宮沢さかえ】



DVD製作にあたって関係者のコメント

「職業がん」と聞き、私ははじめピンと来ませんでした。
「真面目に働いていてがんになる」とはどういうことなのか? 本当にそんなことがあるのだろうか? と頭の中でクエスチョンマークがたくさん浮かんでいました。
しかし、資料を読み進めるうちに、その患者さんたちが置かれた劣悪な労働の環境や状況を知るにつれ、驚きを隠せませんでした。
そこには戦後日本が経済の発展を最優先してきた代償として、置き忘れられた“命”の問題があったからです。
今もなお闘い続ける「職業がん」の患者さんたちの姿を映像に記録し、ドキュメンタリー映画として残すことは、「職業がん」をなくすことはもちろん、“命”を置き去りにしての社会の発展はあり得ないということを世に指し示す役割をも担うものと信じます。
限られた製作費の中ではありますが、私たちも精一杯良い作品を作るために努力を惜しみません。
映画監督 都鳥伸也


真面目に働いてがんになる。労災も認められない。こんなことはあってはならない。自分が職業がんになってはじめて、思い気づきました。だからこれからも、職業がんを無くすために歩きます。
職業がんをなくす患者と家族の会会長・三星化学工業損害賠償請求訴訟原告代表 田中康博

化学物質は身近な製品の中に様々な性質を示すことで私たちの生活の利便性を高めていますが、中には発がん性を有するものもあり仕事で反復曝露を受けると何年も後にがんを発症することがあります。日本の職業がん年間死亡数は2万人以上と言われていますがその殆どが私病として扱われているため対策も遅れています。
近年でも劣悪な労働環境下で化学物質の曝露を受けた労働者にがんが多発した事案が発生しています(1,2-ジクロロプロパンやジクロロメタンによる胆管がん、オルト-トルイジンやMOCAによる膀胱がんなど)。また呼吸器疾患や皮膚疾患はそれより遥かに多く発生していますが殆どが労働災害として認知されず被災者ばかりに健康被害ならびに精神的経済的被害が押し付けられています。映像化することで職業がんの怖さを多くの人に知っていただき化学物質の適正な管理(曝露がない職場作り)を大きく前進させ職業がん患者が発生しない社会に向かうことを強く願います。
職業がんをなくす患者と家族の会事務局長 堀谷昌彦


本作にも登場する膀胱がん患者の労災認定や不支給取り消し裁判に関わる中で、支援を広めるために映画を作る話しが浮かびました。そして、私は本気で映画を作ることを考え、都鳥伸也さんに相談しました、「できると思います」との返事をいただいて、話を進めました。
なくすなくす!!br0ken!!
労災認定や不服審査・再審査請求、裁判に至るまで被災者本人や遺族が資料や証言などを集めなくてはならない現状も伝えられたらと思います。
職業がんをなくす患者と家族の会会員・「ウェブマガジン・のたる」編集長 宮沢さかえ

製作協力お願いチラシ

製作協力のお願い

DVDドキュメンタリー「なくそう職業がん」は、みなさまからの協力金を基に製作します。本作品・プロジェクトにご賛同いただき、作品の製作・完成にご協力いただきますよう。お願いいたします。
協力金:団体1口10,000円・個人1口5,000円
*10万円以上ご協力いただくと、映画内に名前を掲載、2万円ごとにDVDを1枚進呈します。
振込先:近畿労働金庫天下茶屋支店(店番号667)普通8773460
    ゆうちょ銀行ゼロキュウキュウ〇九九店0196618
    職業がんをなくす患者と家族の会
連絡先:〒556-0011
    大阪府大阪市浪速区難波中3丁目17-9
    化学一般会館内
✻振込み後、FAX06-6647-0440またはE-mail:ocpcnc@grupo.jpまでご連絡ください。

職業がんをなくすために