ウェブマガジン・のたる
フォトニュース:脱原発世界会議〔2〕 Peace ☆Ring~明治学院大

 

Peace☆Ring

明治学院大学サークル・Peace☆Ringのメンバー

1月14・15日に開催された「 脱原発世界会議」会場の中には、69ものブースが様ざまな展示をしていました。そんな中に、緑の空間があることに気がつきました。明治学院大学のサークル「Peace☆Ring」のブースでした。

 

 

Peace☆Ring

 

「平和について学び実践し、発信するをモットーに活動してい団体です。・・・・・・2011年の主要なテーマは原発関連でした」と書いてあります。

 

 

Peace☆Ring

Peace☆Ringのリーフレット

思わず近寄ると、小さいカタログを手渡されました。四つ折りのそのカタログには黒い手と緑の手。緑の手には枝や葉が生えていて、木にも見えます。

「仲間たちといろいろ話していて、『世の中の真実がよくわからないね』ということで、そのイメージを描いたのが、この絵です。手は、解らないことを知ろうとするイメージを表していて、色が黒いのは真実が解らないというイメージです」(Peace☆Ring・Hさん)

中を開くと、サークルのメンバーの顔写真とそれぞれの思いが書かれています。

核反対!クリーンエネルギーへ!・原発ゼロへ・子供たちの未来のために・正しい情報公開を!国はもう信じられない・平和な世界へ・PEACE!! などなど。

 

 

Peace☆Ring

他の大学生も書いたメッセージ

「今日展示しているメッセージは、明治学院だけではなくて他の大学にも行って、原発について考えていることを書いてもらいました。それぞれの考えを知り、それを発信することで今の若者の想いを多くの人々に知ってほしい。解らないことをわかろうとするきっかけを作っていきたいと思っています。」(Hさん)

会場には、子ども連れの若い家族からお年寄りまで、まさに老若男女が大勢集まっていました。どのブースも人で賑わっていました。その中でもこのブースでは、若い大学生達が一生懸命この世の中の事を考えていると知り、とても嬉しくまた頼もしく感じました。私たち中高年も彼らのためにいい世の中を残す努力をし続けねばとの思いも強くしました。【写真・文=川越やよみ】

 

■関連記事 フォトニュース:脱原発世界会議〔1〕~藤波心と学ぶ親子原発・放射能教室