ウェブマガジン・のたる
環境と味にこだわり続けて88年―川魚料理 龍水亭(佐賀県有田町)
Categories:

  佐賀に住む知人を訪ねることになった時、「川魚は食べられますか?」と聞かれました。「なんでもいただきます」と言った私を連れて行ってくれたのが、「龍水亭」でした。有田焼で有名な有田町がどんな環境の町なのか、知人からもらったメールでしか知らなかった私には、この龍水亭があるところのような山間は想像していませんでした。

龍水亭付近の景観

龍水亭から見える雌岩・雄岩

 龍水亭は創業1922年(大正11年)。弘法大師によって開かれたという竜門峡に建ち、創業以来、水・伝統の味(自家製味噌・赤柚子胡椒・秘伝のたれ)にこだわり続けてきました。

 私が利用したのは、畳の部屋に椅子かけテーブルという和洋折衷のお部屋です。

龍水亭客室

畳に椅子座りテーブルの部屋

 いただいたお料理は「有田コース」。鯉料理は以前にも食べたことがありますが、その時のイメージ・記憶をくつがえすような逸品でした。豆腐にしても、水がいかに大事かということが良くわかります。

鯉のあらい

料理の写真=2010年12月2日・みやざわさかえ撮影

 柚子胡椒も今まで味わったことがない味でした。柚子胡椒にもたれにも辛みがあり和食にしては珍しいと思っていたのですが、佐賀では良い唐辛子が採れると聞き、なるほどと納得できました。佐賀では良質の野菜が豊富に採れるそうです。料理にこれも欠かすことができない要素です。

 龍水亭料理鰻蒲焼

 

   

 

 

  環境も料理の味も十分に満喫できました。ぜひまた行きたいと思っています。【みやざわさかえ】

  ※本記事に掲載の施設関連の写真は、龍水亭様よりご提供いただきました。

 

                      ◇  ◇  ◇

  

 

 

 

 

 ■ 川魚料理龍水亭