ウェブマガジン・のたる
新刊紹介:『子どもの心にそっと寄り添う-被災地の子どものケアー』
Categories: 文化・アート

 

 

編集・発行:聖学院大学人間福祉部 こども心理学科 非売品 発行日:2014年2月20日

編集・発行:聖学院大学人間福祉部 こども心理学科
非売品
発行日:2014年2月20日

 

東日本大震災から3年、阪神・淡路大震災からは19年。 関西の事例から学べることがあるのではないかと、心の予防教育に長年関わっていらっしゃる冨永良喜先生(兵庫教育大学大学院・臨床心理士)に急きょお願いしてインタビューが 叶いました。

震災を機に、子どもの心のケアをする人を育てるために設立した本学のこども心理学科が、「子どもの心に寄り添い続ける」方法の1つとして、 今年もこの冊子(第3集)を編み出すことができました。 文章やイラストに、子どもたちのよりよい未来を祈り・願う気持ちが込められています。 被災地の子どもたちを支援する、多くの方がたに読んでいただければ 幸いです。(冊子編集者)

目次:子どもの心のケア(富永良喜)/ボランティア報告(NPO法人カタリバ)/NPO法人コミュニティ活動支援センター)/絵本紹介(阿久戸光晴)/メッセージ(姜尚中)/読者の声/子どもに関する支援活動に取り組む団体リスト/電話による心の窓口相談

お申し込み方法:名前・送付先住所・電話番号・目的・部数をお書きの上、E-mailまたはFAX=048-725-6891で連絡を

【編集部】

■ 関連記事:『被災地者と支援者のための心のケア』紹介と書評