ウェブマガジン・のたる

ヘレン・カルディコット医師の来日講演・東京の内容を2回に分けて掲載する。1回目は、チェルノブイリ原発事故後の状況。


ティモシー・ムソー教授の講演会東京のようす。ムソー教授は、チェルノブイリ原発事故後の鳥と昆虫、福島でも鳥類と昆虫の調査・研究を行っている。また、東北大学・岡山博教授は、被曝をどう考えるかをコメント。ほかに福島県浪江町で牧場を運営する吉澤正巳さんからも訴えがあった。


野呂美加さん

チェルノブイリ 放射能


サマショーロと呼ばれる人たち

     はじめに  6月25日の「朝日新聞」朝刊(13版)第6面で、3つの見出しが目に留まりました。   ・ […]


東電前キャンドルナイト

 4月26日、東京電力本店前で東電前アクションがありました。この日はチェルノブイリ事故から25年経った日で、同 […]


チェルノブイリ事故後に何があり、どのような作業が行われたのか。11年前に書かれた貴重な英文資料を読み解いた筆者の貴重なエッセイ。