ウェブマガジン・のたる

原爆の図・水俣の図などに囲まれた会場で上映された、「~放射線を浴びた~X年後」。上映後トークでは、同映画の伊東英朗監督と大学2年生の長島 楓さんが語りました。


2011年5月に、ユネスコにより世界記憶遺産に登録された山本作兵衛の炭坑記録絵画。労働や生活のようすが生き生きと描かれている。9月8日まで開催


丸木美術館(埼玉県東松山市)で開催(2013年7月13日~9月8日)中の田中正造没後100年「足尾鉱毒の図」(丸木位里・俊 作)特別展示のフォトニュース。銅山が閉山しても、なお鉱毒が残っているという。絵を見ることで、今一度この鉱毒事件を思い出しては?


サマショーロと呼ばれる人たち

     はじめに  6月25日の「朝日新聞」朝刊(13版)第6面で、3つの見出しが目に留まりました。   ・ […]