ウェブマガジン・のたる

2021年ゴールデンウィークの
頃に起きた映画館に対する上映中止要求と中止となった件についての記者会見とキム・ミレ監督コメント


映画「返還交渉人」の紹介。歴史の中では無名の外交官・千葉一夫が対アメリカ・対日本政府に日本の主権を求めて戦った記録映画である。


福島第一原発事故により被ばくした牛は、経済価値がなくなった。しかし、その「被ばく牛」と生きている人たちがいる。松原保る監督がその人たちに傾聴し5年間通い続けてドキュメンタリー映画「被ばく牛と生きる」は製作された。