ウェブマガジン・のたる

フランクフルトで開催される、第16回日本映画祭「ニッポン・コネクション」の紹介。今年は、本紙でもで紹介した「牡蠣工場」(想田和弘監督)が上映される。


想田和弘監督作品 観察映画第6弾「牡蠣工場」。「小さな世界から垣間見える グローバルで巨大な問題」それは。。。2月20日よりシアター・イメージフォーラムでロードショーほか順次公開


『熱狂なきファシズム』の著者・想田和弘さんインタビュー。本のタイトルが意味することとは?今の日本の政治や私たちが考えなくてはいけないことなどを聞いた。


『熱狂なきファシズム』(河出書房新社)の発刊記念トークイベント。著者・想田和弘さんとドキュメンタリー映画監督・森 達也さんが、民主主義を“自殺”においやるのは誰かをテーマに熱く語った。特に印象に残った言葉を掲載。