ウェブマガジン・のたる

安倍首相は、紛争地で人道支援などを行なう日本人を自衛隊で守るというが、それがいかに非現実的で危険なことかを、紛争地で人道支援活動を行なってきたNGOが、具体的な事例で明らかにする。戦争や紛争は武力では決して解決できないということと、現政権の積極的平和主義の間違いが、よく理解できる本。


2015年8月30日、国会議事堂前が人で埋め尽くされた。当初、警察によって止められていた通行路の誘導が崩れ、道路に人があふれてたちまち広場と化した。


『戦争は秘密から始まる』出版記念トーク。執筆者など、特定秘密保護法と密接に関わっている記者たちが、語った。


自分は戦争を知らないが、先日80歳代の女性から戦争体験を聞いた。『はだしのゲン』の閲覧制限が問題となった時、この漫画を借りに図書館に行ったが、人気で何人もの順番待ち。そこで、書架に合った「平和漫画シリーズ」を借り、全27巻を読んだ。


最近復刻された、火野葦平著『土と兵隊 麦と兵隊』の書評後編。戦争を知らない世代に生の戦争体験を伝えてくれる。とし、日本と他国との戦後の違い、それはどこから来ているのかなどを説いている。


最近復刻された、火野葦平著『土と兵隊 麦と兵隊』の書評前編。筆者は、他の文書からの引用を用いて、戦場における兵隊の状況などを描き、火野のルポに繋げている。


『本土決戦 戦跡ガイド』

太平洋戦争から67年が過ぎ、戦争を体験した世代がだんだん少なくなり、戦争の証言者がいなくなりつつある。こういう中でアジア太平洋戦争をどのように継承するのか、あの戦争を繰り返さないためにどのように歴史から学ぶのか。300枚以上の写真であまり知られていない戦跡を紹介している。


特攻隊員像と戦闘機

以前、『特攻の町・知覧』(佐藤早苗著・光人社NF文庫)を読み、ぜひ行きたいと思った知覧に行って来ました。平和会館の周りにずらりと並ぶ石灯篭は兵士たちがそこに佇んで私たちを見ているようでした。


『原爆投下は予告されていた』

新刊 本 原爆 原発


黄色い星の子供たち

映画 ナチス ユダヤ


ジョゼフ・ヴァイスマンさん

   ナチスによるユダヤ人迫害やアウシュヴィッツのことは比較的語られることが多く、また収容所を訪れたことがある […]