ウェブマガジン・のたる
原発ゼロノミクス~脱原発は経済成長のチャンス~

 

原発ゼロノミクスキャンペーン

 

キャンペーン立ち上げシンポジウム

 

「脱原発は経済成長のチャンス」と訴える原発ゼロノミクス。「原発を止めると復興政策も遅れる」とまで発言した、「アベノミクシスト」の経済提言に対抗するごとくネーミングされた原発ゼロノミクス。キャンペーン立ち上げシンポジウム(3月27日・参議院議員会館・同キャンペーン・eシフト主催)を取材しました。

 

金子勝さん=慶應義塾大学経済学部教授

金子勝さん=慶應義塾大学経済学部教授

 

「原発問題は経済の問題。原発不良債権論を私はかなり以前から論じていたが、全く聞き入れられなかった。政府は、これを吹き飛ばしたいと原発をOKにした。

アベノミクスは短期的に見た経済復興策だが、コスト問題を考えると原発は長期的に見ると不経済。私は、経済性より安全性を考えるべきと言いたい。危険な原発は廃炉に。」

 

飯田哲也さん=環境エネルギー政策研究所所長

飯田哲也さん=環境エネルギー政策研究所所長

 

「アメリカでは、計画から40年を過ぎて建設中と言う原発がある。電力供給を自分たちの手に取り戻すこと。小規模・分散型発電を。SNS=ソーシャルネットワークシステムのように、双方で情報を選べるようにするべき。

ネットワーク型経済の構築を。中国だけで3000の電気会社がある。日本でも、パルシステム東京が地域電力創造・使用を決めた。地域エネルギーを増やし、エネルギー・知識革命を起こさなければならないと考える。そして、1人ひとりがエネルギー革命の当事者になること。」

 

脱原発議員の会代表・阿部知子議員とゼロノミクマ

脱原発議員の会代表・阿部知子議員とゼロノミクマ

 

「発禁新聞」を発行する関口詩織さん

「発禁新聞」を発行する関口詩織さん

 

原発ゼロノミクスキャンペーン

 

原発ゼロノミクスキャンペーンは、経済学者やエネルギーシフトに賛同する団体などが賛同しています。また、近く予定されている選挙ではエネルギー政策に注目し脱原発の民意が反映されるようなアクションを予定しています。【写真・文=宮沢さかえ】

■ 原発ゼロノミクスウェブサイト

原発ゼロノミクスFacebookページ