ウェブマガジン・のたる
フォトニュース:5.3憲法集会~平和といのちと人権を!@東京有明

 

5.3集会

2016年5月3日、69回目の憲法記念日は、制定後初の起点ともなりかねない日となった。東京有明の東京臨海広域防災公園には、主催者発表で5万人が集まって集会が開かれた。

むのたけじさん

むのたけじさん

101歳のジャーナリスト・むのたけじさんは、車いすに座りながら声を振り絞るようにスピーチした。「私は戦場記者の経験があるが、そこでは愛情を殺さなければ、こちらが死んでしまう。日本は、戦後70年間国民の誰も戦死させず、他国民の誰も戦死させなかった。私は、戦争体験者としての責任から、9条を守るために立ち上がりました。最後までたたかいぬきます。」

 

岡田克也・民進党党首

岡田克也・民進党代表

 

志位和夫・日本共産党委員長

志位和夫・日本共産党委員長

 

吉田忠智・社民党党首

吉田忠智・社民党党首

 

小沢一郎・生活の党と山本太郎となかまたち共同代表

小沢一郎・生活の党と山本太郎となかまたち共同代表

 

7月に行われる、参議院議員選挙で立候補者の調整を図るなどの共闘関係を表名した、野党4党から代表者があいさつ。会場からは、各氏に「がんばれよ!」の声がかかった。

 

東京朝鮮中高級学校の生徒

東京朝鮮中高級学校の生徒

 

リレートークでは、平和・戦争を考えそれに関わる動きなどからの声が続いた。戦争になると特に置き去りにされ、弱い立場に立つことにんる人たち(障がい者・母親ひとり家庭など)からも訴えた。東京朝鮮中高級学校の生徒は、チマ・チョゴリ姿で登壇し、ヘイトスピーチや補助金打ち切りについて話した。

 

5.3集会

集会では、戦争法廃止2000万人統一署名が、1200万人に達したことが報告され、6月末までに2000万人達成を目指すことが、確認された。

今後の行動提起があり、参加者は2コースに分かれてパレードを行った。【取材=宮沢さかえ】

◇  ◇  ◇

5.3集会

5.3集会

5.3集会

会場の外で無ら、えんど言でニュースペーパーを掲げる女性がいた。良く見ると、日本の軍事化・軍隊配備を求める内容だ。また、ゆりかもめの中から、パレードに改憲を訴える旗を掲げ機動隊に囲まれる姿を目撃した。

会場近くでは、大音量で改憲を訴えていたが、自分たちも集会を開いてはいかがだろうか。