ウェブマガジン・のたる
イベント情報:第17回ニッポンコネクション @フランクフルト
Categories: 文化・アート

 

2014年に現地からメールが届き、本紙でご紹介することになったイベントです。昨年は、「のたる」で紹介した映画が初めてニッポンコネクションで上映されました。今年は、掲載作品が2作上映されるようです。

イベントのご紹介のミニなってしまいますが、日本より日本映画が楽しめる映画祭鴨しれないと感じました。【編集長・宮沢さかえ】

 

 

 

2017年5月23日から28日まで、フランクフルト・アム・マインにてニッポン旋風を巻き起こします。世界最大の日本映画祭として、ご来場のお客様には100本以上の長編短編映画・大ヒット映画やアニメ・インディーズ映画・コンサートやワークショップなど、様ざまなプログラムをお楽しみいただくことができます。

今年も多数の映画関係者・アーティストが来場します。ほぼすべての作品が、ドイツ・ヨーロッパ・ワールドプレミア上映です。映画祭のメイン会場はムゾーン塔とナクソスホールになります。

役所広司氏、ニッポン名誉賞受賞

今年は特別ゲストに俳優の役所広司氏をお招きします。役所広司氏が俳優として、その鮮烈な存在感を示したのが、「全身白衣の男」として人びとの記憶に残った伊丹十三監督の伝説的な映画「タンポポ」(1985年)でしょう。

ニッポン・コネクションでは、役所広司氏が出演する2作品=伊丹十三監督の「タンポポ」、原田眞人監督の歴史ドラマ「日本のいちばん長い日」を上映いたします。

またニッポン名誉賞の授賞式は、5月28日午後7時45分から(クロージング作品「日本のいちばん長い日」上映前に)行われます。

ニッポン・シネマ

ニッポン・シネマ部門においても、日本映画界における数多くのスターが来場し、観客のみなさまに作品をご紹介いただける機会を設けています。なかでも、人気の山下敦弘監督作品は、新作2作品が上映となります(「ぼくのおじさん」・「オーバー・フェンス」)。

カルト的な人気を誇るSABU監督も、2作品の上映となります(「ミスター・ロン」・「ハピネス」)。また、大ヒット映画を多く生み出してきた佐藤信介監督もゲストとして登場し、2作品を紹介いたします(「デスノート Light up the NEW world」・「アイアムアヒーロー」)。矢口史靖監督の「サバイバルファミリー」・岩井俊二監督作品「リップヴァンウィンクルの花嫁」も上映します

ニッポン・アニメーション

今年のニッポン・アニメも多くの優れた作品をそろえています。中でも、第2次世界大戦という過酷な時代の市井の暮らしを、情緒あふれる繊細なタッチで描いたドラマ「この世界の片隅に」(片淵須直監督作品)は必見です。

山田尚子監督作品「映画 聲(こえ)の形』は、印象に残る洗練された映像美で贈る、聾唖生徒を主人公とした、心に迫る物語です。なお、この作品は聾唖者用の字幕付きで上映いたします。

また、子ども向け作品として「ちえりとチェリー」(中村誠監督)・「ルドルフとイッパイアッテナ」(湯山邦彦監督/榊原幹典監督)の2作品をお届けします。こちらはライブでドイツ語のヴォイスオーバーが入ります。

 

「残され紙大地」メイン画像 (C)CVB / WIP /TAKE FIVE – 2016 – Tous

 

ニッポン・ヴィジョンズ

優れた映画を作るのに、必ずしも莫大な予算を必要としないことを私たちに教えてくれるのが、ニッポン・ヴィジョンズ部門です。春本雄二郎監督の「家族へ」は、素晴らしい俳優陣を迎えて贈る、若者たちの夢と希望を描いた心に響くドラマです。

また、本部門では、現代社会の様ざまな問題や個人の物語に焦点をあてたドキュメンタリー映画にも重きをおいています。

ニッポン・ヴィジョンズ部門は、5月23日午後8時よりGilles Laurent監督の[残されし大地」により、ナクソスホールで開幕いたします。

若手監督・板子による「売買ボーイズ」は、今回のニッポン・コネクションでの上映がワールドプレミアとなります。

「ギ・あいうえおス 他山の石を以って己の玉を磨くべし」(柴田剛監督)・「ミフネ ザ・ラスト・サムライ」(スティーヴン・オカザキ)も上映されます。

ニッポンレトロ:「エクスタシーと欲望―日活ロマンポルノの世界

神代辰巳・田中登監督による9本の作品が、「エクスタシーと欲望―日活ロマンポルノの世界」と題したニッポン・レトロ部門で、5月26~28日、ドイツ映画博物館にて上映されます。そのうち8本は35ミリフィルムでの上映となります。

5月26日午後3時には、作家のジャスパー・シャープ氏による講演「日活ロマンポルノと日本のエロティック映画」が予定されています。この回顧上映企画は日本文化会館(国際交流基金)との協同で開催されます。
また、ニッポン・シネマ部門では、日活「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」から新作2作品、白石和彌監督の「牝猫たち」と塩田明彦監督の「風に濡れた女」を、ドイツプレミア上映いたします。

 

ニッポン・カルチャー

ニッポン・コネクションでお楽しみいただけるのは映画にとどまらず、ニッポン・カルチャー部門では和食・音楽・パフォーマンス・ワークショップ・講演・展示会など、伝統的なものからモダンなものまで、日本文化を紹介する様々なプログラムをご用意しています。

 

ニッポン・ヴィジョン上映作品「さとにきたらええやん」

 

ニッポンキッズ

日本ファンの子どもたちにはニッポン・キッズ部門にて、様ざまなアクティヴィティをご用意しております。太鼓ワークショップ・フェイスペインティング・さむらい指圧・日本の遊びワークショップ・パンダ団子料理教室・アニメワークショップ・子ども映画2作の上映など、プログラムは盛りだくさんです。

主催者

日本画祭「ニッポン・コネクション」は70人のボランティアチームから成る公益団体「ニッポン・コネクション」により運営されています。フランクフルト市長ペーター・フェルトマン、並びに神山武在フランクフルト日本総領事にご後援いただいております

ニッポン・コネクションは被虐待児や避難者を支援するBKB Charityイニシアチヴをサポートします。

開催場所

アーティストハウス ムゾーン塔(映画祭メイン会場), Waldschmidtstr. 4, Frankfurt
ナクソスホール内ヴィリー・プラムル劇場(映画祭メイン会場), Waldschmidtstr. 19, Frankfurt
ドイツ映画博物館, Schaumainkai 41, Frankfurt
マールゼーン映画館, Adlerflychtstr. 6, Frankfurt
ケース劇場, Waldschmidtstr. 19, Frankfurt
アテリエ オイレンガッセ, Seckbacher Landstr. 16, Frankfurt
アテリエ フランクフルト, Schwedlerstr. 1?5, Frankfurt am Main

■ ニッポンコネクションウェブサイト(日本語)

過去のニッポンコネクション記事