ウェブマガジン・のたる
日本ケロッグ合同会社を訪ねて
Categories:

 4月22日に紹介した、NPO法人セカンドハーベストジャパンのスポンサーでもある日本ケロッグ合同会社(以下日本ケロッグ)高崎工場を訪ねました。あまり報道されていない、食品製造現場の震災による被害状況と出荷等への影響、またそのような状況の中でも行っている被災地への支援について話を伺いました。

 

震災による被害

大河原さんと井出さん

大河原さん(左)と井出さん

 同社製造部の大河原英孝部長によると、当工場は、ガラスの破損・ベルトコンベアーの故障(物詰まり等)・排気筒の部品が外れたなどの被害がありました。修理を突貫工事で行い、6日間で再開にこぎつけました。工場は停止していましたが、生産ラインの中に詰まったものを取り出したり散乱した物のかたづけ、点検等で土日も出勤して対応しました。

 3月17日夜から工場が稼働しましたが、包装材料の製造工場が損壊したために入荷が困難となりました。関東以西の同業社に当たりましたが手配ができず、アジアに手を伸ばしたところ韓国ケロッグが仕入れている会社から取り寄せることができました。サンプルを至急取り寄せ、確認の上受注したとのことです。船便では間に合わないため航空便による納品をしていると聞き、筆者は「経費が多くかかっても、商品価格には転嫁できませんよね」と尋ねました。「そうですね。でもマイナスにはなりません。収益が減るだけです。それでも、被災地に比べたら仕事ができるだけありがたいと思っています」(大河原さん)との返事が返ってきました。

 工事が停止した1週間分を取り戻すため、土日も工場を稼働させ、勤務体制を大幅に変更して製造に当たっています。しかし、計画停電の影響もあり震災前の5割しか生産できていません。(1工程に7時間かかるために、途中で止まらないように前後の時間も停止しなくてはなりません)とゴールデンウィークも出勤となるため、大河原さんは正規・パート・派遣各社員に事情を説明し、理解を得ました。社員からは不満の声は出ることはなく、むしろ大河原さんの体を気遣う声がかけられたとのことです。

 当工場では8月20日までの生産計画と勤務体制(6勤2休)が立てられ製造に当たっています。夏にピークを迎える消費電力量の節約のために、フレークの生産ラインを1本にするなどして対策を取っています。

 

 栄養価が高くそのまま食べられ非常食としても重宝

シリアル ここからは、同社広報室の井出留美室長(栄養/PRマネージャー)に伺いました。井出さんは、栄養学博士です。筆者がセカンド・ハーベストを知り、取材に行くことができたのは、井出さんのご紹介でした。

 筆者が工場に向かうために乗車したタクシーの運転手さんに、「ケロッグってお菓子の会社でしょ?」と言われました。私はある程度の知識があったために、当社で製造されている食品は、お菓子ではないことを知っていました。それでも、シリアル(フレーク)を菓子だと思っている人は多いのではないかと思います。

 日本ケロッグの主製品であるシリアルは栄養豊富で、牛乳をかけて食べることが多いのですが、そのままでも食べられます。また、同社のオールブラン(全粒)使用品は、食物繊維を含んでいるために、避難所生活などで便秘になることを防ぐためにも有効です。同社では、これまでに2回シリアルとシリアルスナックを被災地に送っています。(花巻・仙台へ22万800食を米軍横田基地からヘリコプター輸送、石巻・山梨=福島からの避難者・セカンドハーベストへ23万9700食をトラックで輸送)プレスリリース参照

 井出さんは、「中越地震の際の物資支援の経験から、避難生活では食物繊維が不足するので、オールブラン入り食品の重要性を再認識した」と言います。「シリアルは牛乳をかけないと食べられないと思っている方が多いのですが、そのままでも大丈夫です。日持ちがするので、非常食にも適しています」とのことでした。ただ、「水分も十分に取れない生活では、シリアルよりはしっとりしたスナックがお勧めです」。

 先日は、セカンド・ハーベストのトラックで石巻まで行ってきました。そこでも食生活が気になったとのことでした。「避難所生活の方も、ボランティアも偏った食事が多いのが気になります。これからは、支援も量から質に変わってくると思います」

 

 取材を終えて

 今回の震災による被害は甚大で、復旧・復興への道は険しく難題も山積しています。けれども、震災前の生活に戻す動きを進めて行かなければ、日本全体が立ち行かなくなる危険があります。それは政治も経済も同様です。一見元に戻ったように見える生活や事業も、大きな課題や問題を抱えていることにも目を向けつつ、それぞれの生活を守っていくことであると、この取材で改めて感じました。

ケロッグ商品

ケロッグ商品(真ん中の写真は、創始者)

 

ケロッグ合同会社高崎工場

ケロッグ合同会社高崎工場

日本ケロッグ合同会社

関連記事:被災地支援に大活躍~「もったいない」をフードバンクに

       連携して有効な支援を~うつくしまNPOネットワークの取り組み