ウェブマガジン・のたる
また仕事をするために~『ビッグイシュー日本版』が創刊9周年

 

ビッグイシュー日本版

御茶ノ水橋上でビッグイシューを販売している平井久雄さん
2012年11月5日撮影

 

『THE BIG ISSUE JAPAN=ビッグイシュー日本版』をご存知ですか?ホームレスの人たちが販売している雑誌です。1部300円のうち、160円が販売者の収入になります。3.11以降、新たな意義が生まれたというビッグイシューが発行9周年(基金設立5周年)を迎え、東京でパーティを開きました。

 

ビッグイシュー・水越洋子編集長

ビッグイシュー日本版編集長・水越洋子さん

 

パーティ開会のあいさつで水越洋子編集長は、「発行当初は、いつまで続けられるか全くわかりませんでした。でも、多くの人の協力で、ここまで来ることができました。昨年の3月11日以降は、仕事や家を失った人が大勢できました」と社会の変化によって、ビッグイシューの役目がまた大きくなったことを語っていました。

 

ビッグイシュー9周年記念パーティ

 

参加者(販売者・スタッフ・読者)で乾杯の後、パーティ後半のワールドカフェのための発題がありました。

 

ノンフィクションライター・飯島裕子さん

ノンフィクションライター・飯島裕子さん

 

「ホームレスを路上で見かけたことがない、若いのになぜ働かない などという不可視化の時代。自分には、遠い話でしかなかった。しかし、3割以上が単身世代を迎えようとしている今、ホームレスはもしかしたら私の問題ではないかと思うようになった」(ノンフィクションライター・飯島裕子さん)

 

NPO法人自立生活サポートセンターもやい理事長・稲葉 剛さん

NPO法人自立生活サポートセンターもやい理事長・稲葉 剛さん

 

「最近のホームレスたちは、レンタル倉庫に寝泊まりしたり、ネットカフェで過ごす人が増えて路上生活者は減ってきました。しかし、ネットカフェに入るにも身分証明書の提示を求められるようになりました。また、生活保護では、収入の3割が家賃の基準になっていますが、例えば10万円の収入の場合は3万円。いまどき3万円のアパートなど滅多にありません。借りたはいいが、払えなくなってすぐに出てしまう人もいます。すまいの負担が少なくなる社会を創っていきたい」(NPO法人自立生活サポートセンターもやい理事長・稲葉 剛さん)

 

 

「人が生きていくのには、居場所が必要。社会である限り居場所がある。居場所がない社会はないと言っても良い。その居場所には、人・場所・時にある。今日のこのパーティも私たちにとって居場所であると言っても良いでしょう。これからも生き易い居場所=アジールを作り上げるために活動していきたい」((有)ビッグイシュー日本代表・佐野章二さん)

3人の発題の後は、ワールドカフェで話したい内容が参加者から出されました。販売者から、自分のお客さんの年代別・男女別割合が報告がありました。また、3.11震災被災者で仮設住宅で生活している人たちも働いて生活できることが必要、情報ネットワークを創りたい、地域住民・自治会との関係づくりなどの発言があり、ワールドカフェのテーマに加えられました。

 

にっこり応援会員・埼玉のはるな愛さん
マラソン大会に参加して走りながらアピールをしているという埼玉のはるな愛さん。ビッグイシューの「にっこり応援会員」

 

ビッグイシュー9周年記念パーティ・ワールドカフェ

ワールドカフェ形式で話し合い。参加者には車いすや盲人杖を持った人も

 

休憩をはさんで、テーマごとに8テーブルに分かれて話し合いが行われました。ワールドカフェは、2~30分ごとにメンバーを変えて数回行います。この日は、20分の話し合いを2回でした。製作者・販売者・読者が一緒になって創り上げる雑誌の姿が見えるようでした。

◇  ◇  ◇

ビッグイシュー販売者・平井久雄さん

パーティ会場でビッグイシューを販売する平井さん

私は『ビッグイシュー』をほぼ毎号、御茶ノ水駅前で買っています。パーティ会場で、御茶ノ水駅・御茶ノ水橋上で販売している平井久雄さんに話を聞くことができました。平井さんは、大阪で2週間ほど販売をしてから東京に移転して今年の4月から御茶ノ水で販売をしています。

ハローワークで仕事を探すにも、住所がないとできないので、とにかく住所がほしかったという平井さん。『ビッグイシュー』は自分でも読んでいて、「自信を持って進められる雑誌です」と言います。「ビッグイシューは、与えられるのではなく自分で売って収入を得られるのが良い」平野さんは、また仕事をするために販売に励んでいます。住まいは、障がいを持った人たちなどとのシェアハウスだそうです。

平井さんは、私がすでに買った号かどうかを憶えていてくれて助かったことがあります。駅前に立っていると、いろいろな人間模様が見えているのでは?と思いながら話を聞きました。【写真・文=宮沢さかえ】

 

 

 

 

 

 

■ ビッグイシュー公式サイト http://www.bigissue.jp/