ウェブマガジン・のたる
フォトニュース:第28回東京国際映画祭クロージングセレモニー
Categories: イベント

 

受賞者・審査員によるフォトセッション

受賞者・審査員によるフォトセッション

 

第28回東京国際映画祭は、10月31日に閉幕しました。クロージングセレモニーでは、各賞の発表と授賞式が行われました。

 

東京グランプリに選ばれた「ニーズ」のホベルト・ベルリーズ監督(左)とコンペティション部門超審査委員長・ブライアン・シンガー監督

東京グランプリに選ばれた「ニーズ」のホベルト・ベリネネール監督(左)とンペティション部門超審査委員長・ブライアン・シンガー監督

 

 

東京グランプリに選ばれたのは、「ニーゼ」(ブラジル)。実在の女性精神科医ニーゼ・ダ・シルヴェイラを描いた映画で、13年を費やした。

ベリネール監督は、「受賞しなくても、ニーズのことが伝えられたらそれでいい。でも、受賞したので知られる機会が増えてうれしい。ぜひ、多くの人に観てほしい」と語りました。

審査委員長を務めたシンガー監督は、「この映画は完璧」と評しました。

■ ニーズ作品紹介

 

ARIGATO(ありがとう)嘗受賞者=左から2人目から細田守・広瀬すず・樹木希林・ッリーフランキー・細田守さん

ARIGATO(ありがとう)嘗受賞者=左から2人目から細田守・広瀬すず・樹木希林・ッリーフランキー・細田守の各氏

 

あいさつする最年少受賞者の広瀬すずさん

あいさつする最年少受賞者の広瀬すずさん

 

今回新設された、「ARIGATO(ありがとう)」嘗受賞者のみなさんは、口にぐちに、「こちらこそありがとうございました」と述べました。

 

クロージング作品「起終点駅 ターミナル」篠原哲雄監督(左端)と出演者(佐藤浩市・本田翼・尾野真千子さん)

クロージング作品「起終点駅 ターミナル」篠原哲雄監督(左端)と出演者(本田翼・佐藤浩市・尾野真千子さん)

 

各賞発表・授賞式のあとは、クロージング作品「起終点駅 ターミナル」の監督・出演者が登壇し、映画のアピールと最後の上映作品に選ばれた喜びをコメントしました。【取材=宮沢さかえ】