ウェブマガジン・のたる
内部被ばくを避ける方法~カレー店のメニューに原産国表示
Categories: くらし,

 

 私が学校の給食をボイコットし、自分でお弁当を持っていくようになって早2週間。先週の土曜日はお弁当は持って行ったのですが、さすがに夕飯までは、持っていかず、飲み会の料理にはしをつけました。しかし、おいしそうな山菜「こしあぶら」には手をつけませんでした。

参考画像

参考画像。カレー店ウェブサイトより

 その帰り、お腹が空いてたまらない。意を決して駅前のカレーチェーン店に入り、「鶏肉と夏野菜のカレーの原料は何ですか?」と店員さんに聞いてみた。すると驚いたことに店員さんが答えてくれました。あとでお願いしたら、店長さんがメモをくれました。

  ミニとまと……愛知県産
  とまとピューレ……イタリア産
  おくら……中国産
  アスパラ……ベルギー産
  なす……タイ産
  とりにく……中国産

                                                                      店長 〇〇駅前店 Y田                                                                                                 

 今日、同店のウェブサイトで確認したところ、ほぼ同じ内容でした。

 「<期間限定メニュー(2011年6月1日~8月31日)>(ソース、ライスは<基本ソース>、<ライス>の欄をご確認ください。)

 メニュー名        主要原料          原産地
 チキンと夏野菜カレー   トマト              イタリア産
                  鶏肉             中国産
                  なす              タイ産、ベトナム産、その他
                  グリーンアスパラガス   ペルー産
                  オクラ             中国産
                  ミニトマト          原則国産を使用しますが、原料事情により外国産を使用する場合もござ います。」                                                                                                                                                                           

 考えてみると、しのぎを削っている外食産業は少しでもコスト削減のために、外国産野菜を積極的に取り入れてきたはず。それが、このような結果を生むとは思いませんでした。ただし、お米の産地を聞くのを忘れていました。お米はそれぞれの店で違うと思いますので、ぜひお店に問い合わせを。

 少なくとも、何も食べるものが無かったときにはこのカレー店の「チキンと夏野菜カレー」はありかもしれません。(つづく)       【2011年7月7日記=川根眞也】

            ◇  ◇  ◇

過去の記録(Facebookノート)はこちら