ウェブマガジン・のたる
フォトニュース:労働者に抗議された組合センター~連合会館前抗議
Categories: ニュース

 

2017年7月19日撮影=宮沢さかえ

 

連合=日本労働組合総連合の会長が、政府が進めている「働き方改革」の内、高度プロフェッショナル制度を条件付(年104日の休暇義務化)で容認する意向を示すことに対する抗議行動がありました。

 

 

この抗議行動は、[パクツイ&拡散希望]として、ツイッターやフェイスブックなどで広められ、それを知った人たちが集まりました。筆者も、ユニオン関係者のフェイスブック投稿で知りました。以下、その内容です。
7月19日(水)19:00-21:00@「連合会館」(新御茶ノ水駅B3出口前)。安倍政権が目論む「残業代ゼロ」法案に勝手に賛成を表明した連合執行部に対する怒りの抗議。
仕事帰りに行ける時間設定!
#連合は勝手に労働者を代表するな
#私の残業をタダで売るな

 

 

連合の公式ウェブサイトには、「゛働く”を支える。働く人のくらしを守る。」と書かれています。今回、「残業代ぜり」とも言われ過労死ラインを越える長時間労働が法律で認められることについて、連合代表は「今までもあまり変わらないから」と言っているようです。果たしてそうでしょうか?【取材=宮沢さかえ】