ウェブマガジン・のたる

福島第一原発事故により被ばくした牛は、経済価値がなくなった。しかし、その「被ばく牛」と生きている人たちがいる。松原保る監督がその人たちに傾聴し5年間通い続けてドキュメンタリー映画「被ばく牛と生きる」は製作された。


台湾から沖縄・八重山諸島に移住した人たち・歴史を、ある家族を通して描いたドキュメンタリー映画「海の彼方」の監督インタビュー。


「残されし大地」は、原発事故後の福島。「土がなければ生きていけない」という農民の言葉が響く。ジル・ローラン監督は、完成を見ずにテロで亡くなった。3月11日渋谷・イメージフォーラムにてロードショー


俳優座創立70周年記念公演最後を飾る「桜の園」の主役・アネーフスカヤを演じる岩崎加根子さんの独占インタビュー。


ドキュメンタリー映画「鳥の道を越えて」の今井友樹監督インタビュー。祖父から聞いていた言葉と実際を探る旅から生まれた作品。その制作過程や作品について語った


8月31日公開の映画「日本の悲劇」の小林政広監督インタビュー。フォークシンガー・シナリオライターを経て映画監督になった小林監督は、「もともと映画監督になりたかった。30年後に実現させた」と。遺書のつもりで書いたという作品。


鈴木正義監督

農村巡回診療をしていた若月俊一さん(佐久総合病院)の記録映画「医す者として」の監督インタビュー。「映画創りで大切なのは、自分で体験すること・自分で足を運ぶこと・自分の目で確認すること」と監督。


鈴木正義監督

農村巡回診療をしていた若月俊一さん(佐久総合病院)の記録映画「医す者として」の監督インタビュー。「自分が多くを語るより、地域の人に聴くことで描いた」と監督。


中澤まゆみさん

備えあれば憂いなし?~おひとりさま生活の工夫(実践)あれこれ ――『男おひとりさま術』を読んで、女性・男性に関 […]


中澤まゆみさん

いつごろから“おひとりさま”が注目されたか ――上野千鶴子さんの『おひとりさまの老後』(法研)は大反響を呼びま […]


――今、若い子たちの話す言葉で、きれいじゃない話し言葉がありますが、それはそういうもの、流れということなんでし […]


 欧米崇拝から多文化理解へ ――先日弊紙で『とりあえず日本語で』の書評を書いた高田浩史記者(岐阜県で小・中学生 […]


 とりあえずチャレンジ!? 外国人に日本語で話しかけてみよう ――率直な質問ですが、先生がこの本で一番伝えたか […]


 髪の毛で醤油を作ったり、ミミズ肉バーガーを食べてみたりと、まことしやかに語られる数々の都市伝説を体当たりで検 […]