ウェブマガジン・のたる

映画「生きる街」榊英雄監督インタビュー。東日本大震災から5年経った頃の石巻が舞台で、夏木マリさんが、主人公・佐藤千恵子を演じている。監督は、それぞれの生きる街であり街が生きていないといけないのでエールを込めたと語る


米軍統治下の沖縄で起きた祖国復帰運動。その最中の出来事から現在の沖縄・基地のことを画いたドキュメンタリー映画「OKINAWA1965」の完成披露イベント。この日を皮切りに、自主上映を中心に広めていく。