ウェブマガジン・のたる

高田浩史の子育てQ&A20は、何回か続いた新聞に関する質問の最期で、スクラップについて。継続することで、身につくことがある。そのための工夫とは。なお、Q&Aの連載も最後となる


岐阜県各務原市の国語作文教室「文分聞」の主宰者・高田浩史さんの子育てQ&A9回目。毎回好評で、特にパパからの悩みに答えるシリーズは藩王が大きい。今回は、妻に子育ての大変さなどを言聞いた時に気をつけること


  § Q&Aの前にひとこと 6月は、3年ぶりに生徒達と将棋大会に出かけました。電車に乗って出かけ、 […]


    § Q&Aの前にひとこと 5月は、「教室の日」や「実験で化学を学ぶ授業(イチゴシャ […]


高田浩史の子育てQ&A〔6〕~なかなか勉強ができるようにならない時には?親が教えてもできるようにならない。それはなぜでしょうか?


高田浩史の子育てQ&A【5】は、前回の続きのような内容。思うような行動を取らない・取れないことが理解できない。私はどうではないのに。。。どうやったら行動を変えられるか?が今回のテーマ。


高田浩史の子育てQ&A〔4〕は、子どもが理解時には。自分と全く似ていない・性格が違うために子どものことが理解できないで困るという質問に答える。


高田浩史の子育てQ&A〔3〕は、あきらめないようにするには。「できない」「もうダメ」と言って投げだせば、いつまでもできるようにならない。1つでも、「できた」ち思えると次につながる。


高田浩史の子育てQ&A〔2〕は、集中力を付けるには。子どもの年代によって異なるため、2つに分けて答えている。


各務原市で国語・作文教室を主宰しゅる、高田浩史さんの子育てQ&A。1回目は、もっともよく受ける質問「子どもを本好きにするには?」。紙上でも質問を受け付ける。