ウェブマガジン・のたる

「残されし大地」は、原発事故後の福島。「土がなければ生きていけない」という農民の言葉が響く。ジル・ローラン監督は、完成を見ずにテロで亡くなった。3月11日渋谷・イメージフォーラムにてロードショー


映画「家路」は、東日本大震災後の福島を描いた物語である。原発事故によって、先祖代々受継いできた土地を失ってしまった家族。立ち入り禁止区域となってしまった土地を離れ、一家は仮設住宅で暮らしていた。


ティモシー・ムソー教授の講演会東京のようす。ムソー教授は、チェルノブイリ原発事故後の鳥と昆虫、福島でも鳥類と昆虫の調査・研究を行っている。また、東北大学・岡山博教授は、被曝をどう考えるかをコメント。ほかに福島県浪江町で牧場を運営する吉澤正巳さんからも訴えがあった。


福島原発爆発後、脱・反原発運動の闘いの砦として2011年9月11日に都合3棟のテントが立てられてから、13年8月10日で700日目を迎えた。12年9月からはあおぞら放送を発信している。現在、この場所の立ち退きをめぐって係争中。


金曜デモ

首相官邸前金曜デモ、28日が2012年最後となった。ふだんはたどり着かない官邸前だが、年末+氷雨のこの日は行かれるかもしれないと行ってみた。雨がそれほど強くないこともあってか官邸前と議事堂前は大勢の人が集まっていた。


文科省前

毎週金曜日の首相官邸前デモは、恒例になっていますが、8月3日には文科省前に福島の人が来てアピールをしました。その後、官邸前に向かいましたが、反対方向に誘導され国会議事堂前に着きました。そこにはファミリーエリアがあり、デモに集まった人が憩えている感じでした。


福島の農家が作った苗

3.11以後、首都圏に住む人のお腹は北関東や東北の野菜が満たしていることがわかった。原発事故の問題も、福島だけの問題ではない。そこで、考えたのは福島の農家が作った野菜の苗を他の場所で育てること。


畠正樹さん

創業天保12年という老舗旅館七代目(若旦那)の畠正樹さんは、放射能の影響の心配から減少している県外からの客誘致のため、いろいろな活動・取組をしている。


飯坂のつるし雛飾り

飯坂婦人会のみなさんが手づくりしているつるし雛。今年は、白い鶴が新たに作られました。震災への鎮魂と復興への祈りが込められています。今年のひな飾りは特別に見えました。


フクシマゴーストタウン

福島第一原発事故後の警戒区域はどのような状態になっているのか。一目でわかる写真集。白黒の写真が被害の酷さ・深刻さを教えてくれている。


舞台挨拶する監督と主演俳優

  試写会会場は、なんと国会議事堂横の憲政記念館。民主主義の勉強の場として建設された会館ですから、最高のシチュ […]


文科省交渉

                      5月23日朝福島を発った100人がバス2台で文部科学省(東京都千代 […]


いわき市内避難所

  4月20日、東京から食糧支援物資を乗せたトラックに同乗させてもらい、福島県いわき市に行きました。 […]


福島物産販売

 交通会館前(JR有楽町駅前)の通路では、よく各地からの産地直送野菜類を販売しています。 今日は「がんばる福島 […]


ボンネットバス

   9月12日に開催された、「みんなでしあわせになるまつり2010」(宮城県栗原市栗駒岩ヶ崎六日町)に参加し […]