ウェブマガジン・のたる

さいたま百景選定市民委員会主催の巡回ツアー、毎回、目的とテーマを持ってある地域を歩く。第20回は「緑区の住宅地。筆者の住区だが、新鮮な感覚で歩くことができた。


ジュネーヴ紀行最終回は、宗教編。ジュネーヴ行きの目的であったチャリティコンサートの演奏曲は、ヘンデル作曲・メサイア。ジュネーヴの街自体が、キリスト教史上重要で今も中心に据えられている。


フューチャーセッションin大宮

住んでいるまちをもっと知りたい!住んでいるまちにもっと参加したい!住んでいるまちをもっとよくしたい!さいたま・大宮のひ(038・3月8日)に映画「商店街な人」を観て、地域にもっともっと参加していってほしい。のたるも共催。


夜の美観地区

倉敷市の美観地区を夜訪れた。美観によく合う明るさの照明と、倉敷川の水面が怖いほどの景観を見せていた。倉敷窓・倉敷格子と呼ばれている独特の窓が一層引き立っていた。


京都文化協会(下京中学校成徳学舎)

数えきれないほど訪ねたことがある京都で初めて見た物を並べてみた。


もりおか鉈屋町界隈案内

盛岡市鉈屋町には、町家など古い町並みが残っている。一般公開の時にだけ営業する旧料亭や水路跡の石垣。そのまま残し、活かしていくには老若男女で取り組んでこそと思う。


〇三八手ぬぐい

「大宮をもっと楽しくプロデュース」をキーワードに活動する有志のグループ・大宮ぷろでゅ~すは、038=大宮 をキーワードに、大宮を楽しむ企画を展開中!038Cafeで見かけたメンバーが楽しんでいるようすを見ると、きっと何かが始まりできていくことは間違いなし。


学校での撮影風景

津波の被害で町や地域ごとなくなってしまった2011年3月11日を記録した映画「3月11日を生きて」。津波の映像は敢えて使わずに、作文と証言だけで描いている。


グループ1周年記念バーべキュー大会

日本でもFacebookで社会が変わる・変えられるのでしょうか?開設から1周年を迎えたさいたま市グループ(非公開)は、活発な動きがまりました。


笑顔で働きたいママのためのフェスティバル

ママの元気!から日本を元気に!と開催された、「笑顔で働きたいママのためのフェスタ2012」。主催のPowerWorman代表の宮本直美さんは、「人がつながって助け合える街を創りたい」と語った。


名知仁子さんと会の参加者

今後を思えば誰にとっても不安材料の多い状況が続く。だからこそ今、「誰かのために」という気持ちと行動が、いろいろな意味で力を持つ状況だと思う。今後イベントを企画し、準備のための行動や、糧となるような人との出会いを重ねていくうちに、また1年が経って次の3.11を迎え・・・というサイクルが実現できたら嬉しい。


清水勇人さいたま市長

2012年のさいたまシティマラソンは、「被災地の復興を願って 心はひとつ ともに明日へ」をテーマに、3月11日に開催された。スタートとゴールになったさいたまスーパーアリーナには、1年まえに福島県双葉町から町の機能ごと移動してきた場所。「あの日を忘れないために」ひにちと場所が設定された。市長自らハーフコースに参加し完走した。


回遊美術館Ⅱ

12月初めに、JR北浦和駅西口周辺の商店街そのままを美術展会場にしての「北浦和回遊美術館Ⅱ」。サブタイトルは、北浦和西口商店街アート化計画。


夕暮れ時の川越

夕暮れ時の川越の町並み。街灯と街並みのシンメトリックなシルエットが美しい。


フクシマ・ゴースト

メディアが報じない警戒区域地帯・ホットスポット地帯などの最新リポート


アートフルゆめまつり2011

さいたま市大宮区で開催された、「アートフルゆめまつり」は、みんなが主役・音楽や文化があふれる新しいまちづくりを提案している。


原発さよならデモ@浦和

原発さよならデモ@浦和が行われた。埼玉県庁・各政党県本部の周辺での原発デモは珍しい。


大石秀夫さん

山田町に「消防団のいえ」が建つことに。のたるの記事がきっかけで消防団長の願いが叶う!